社員研修に呼ぶ人の選び方

先に評判を確認してから呼んだほうが利口

会社で社員研修を行うときは、手軽に終わらせる際、会社の中で代表者が講師役となって実践するのが1番簡単です。ただ、それだけでは新しい刺激にもならず、あまり大きな効果を出すことができないので、外部から人を呼び寄せることも、重要となってくるでしょう。ある程度の金額を支払う必要がありますが、それ相応の結果を求めることができます。講師として人を招き入れる際には、先に評判をチェックすることが肝心です。実際にいろいろなところでセミナーなどを行い、実績を出してきた百戦錬磨の人を呼ぶようにしておきましょう。その類の人に関しては、身の回りの同業者に紹介してもらったり、雑誌やインターネットを利用して評判をチェックし、その上で選んだ方が無難です。

先にテーマを伝えておくことが大事

ただ、外部から優秀なセミナー講師を招き入れたとしても、そのまま全て丸投げをするのではなく、方向性を決めてどんなことをやってもらいたいのかを伝えましょう。今の会社、そして社員に足りないものはどんなものなのかを伝えておけば、優秀なセミナー講師は、しっかりとそれを補うようなセミナーにしてくれます。社員研修を行う前に、セミナー講師を含めて、エグゼクティブな人間同士でミーティングを行い、その上で実践したほうが無難です。社員研修のプログラムの中では、しっかりと社員にも質問をさせましょう。また、セミナー講師の方からも、自発的に社員一人ひとりに対して質問を投げかけてもらうようにしたほうが、メリハリのある研修内容にできます。