外部で研修を受けさせるデメリット

研修にかかるコストが高くなる

社外研修は、自社社員が講師役となって教育をする社内研修とは違い、外部講師を呼ぶための費用や、社外会場を利用するための経費等が発生するため、研修にかかるコストが高くなるという点がデメリットになります。研修の効果を高めるためには、なるべく能力の高い外部講師に依頼することが効果的ですが、その分費用が更に高くなってしまうことと、そもそも人気のため依頼自体が難しくなります。無理やりコストを抑えようとすると、質の低い研修しかできなくなってしまう可能性もあるため、コスト削減をする場合は慎重な対応が必要となります。企業の研修担当者は、教育の質と必要となるコストのバランスを考えて、外部講師の選定作業を行う必要があります。

意図通りの研修が行えない可能性

外部研修をする場合、必ずしも自社の意図通りの研修が行えない可能性も出てきます。自社の特徴や置かれている情勢等は、外部講師からでは完全に把握することは困難なため、意図から外れた教育が行われてしまうことがあるのです。そういったことを避けるためには、外部研修をする前に、自社についての必要な情報と、社外教育を行う意図を細かく外部講師と打ち合わせをすることが重要になります。しかし、そのためには社内の研修担当者が多くの時間をかけなくてはならなくなり、手間がかかります。手間を削減するために、すでに何度か依頼し、意図を理解している外部講師を利用することも考えられますが、その場合新しい風が社員教育に取り入れにくくなる可能性もあるため注意が必要です。