従来型の社員研修との違い

特定のテーマを集中的に学ばせることができる

外部から人を呼ぶ社員研修は、従来型の企業内の教育担当者が行う方法と異なり、特定分野の専門家の指導の下で業務に役立つ知識や技術を集中的に学ばせることができるといったメリットがあります。特に、ビジネスマナーや営業トーク、パソコン操作などの分野については、全てのテーマを自社内の社員が担当することが難しいため、早期に外部のスキルの高い講師にサポートをお願いすることがおすすめです。最近では、民間企業や官公庁向けに社員研修の講師の派遣を行っている会社の数も増えています。そこで、短期間のうちに研修計画を立てたい場合には、大手から中小零細企業まで広く対応している研修会社に相談をして、具体的な研修のポイントについてアドバイスを受けると良いでしょう。

集合研修を実施する時間や費用などの節約ができることもある

外部の講師を招くスタイルの研修は、一般的な集合研修と比べて研修のテーマを考える時間や費用などを節約できるため、今や様々なジャンルの企業の間で浸透しています。そうした中、研修にふさわしい外聞の講師を選ぶにあたっては、多くの企業で講演やセミナーなどを担当したスペシャリストとコンタクトを取ることがおすすめです。また、外部の講師の経験や知名度などによっては、研修費用が思いのほか高くついてしまうこともあるため、慎重に仲介会社の担当者と話し合いをすることが大事です。なお、外部の講師による研修のメリットとデメリットを判断するうえで、実際に長期にわたり外部の講師を頼りにしている企業の事例を調べてみると良いでしょう。