外部で研修を受けさせるメリット

効果ある社員研修とは?社員研修の種類を知っておこう!

社員研修には、様々な種類があることをご存知でしょうか?社員研修には、新入社員に対して社会人としての心構えやビジネスマナーを身につけてもらうために行う新人研修、社員がプレゼンテーション方法やセルフマネジメント方法を学びスキルアップを目指す研修、そして部下のモチベーションを高める方法やリスクマネジメントを学ぶ管理職を対象とした研修などが挙げられます。 また研修の形態として社内研修と社外研修があります。自社社員が講師役となり研修を行う社内研修に対して、社外研修は外部機関に研修を委託したり社外セミナーに参加する研修方法となります。また外部から講師を招く形態の研修も、社外研修をいえます。それぞれにメリットデメリットがありますが、社員のモチベーション向上につながるという声から、社外研修が注目を集めています。

どんなメリットが?社内研修とは異なる社外研修の魅力を知ろう!

社外研修の大きなメリットは、経験豊富な講師から学ぶことができることです。人に教えることに慣れている講師は、社員の関心を持続しながら研修を行うことができます。受講する社員も自社とは異なる価値観や発想を学ぶことで、新たな意欲や向上心につながる期待があります。またセミナーに参加する研修では、異なる業種の社員との交流が可能となり、新たな刺激を得ることもメリットといえます。そして研修内容を考えたり研修場所を確保するという手間が省かれるため、社内の研修担当者の負担を軽減できることもメリットとなります。研修担当者は負担から解放され、本来の業務に専念することができます。 このように社外研修には、多くの魅力があります。社員に新鮮な視点を持たせることができる社外研修は、企業の活力につながる研修方法といえるでしょう。