外部の人材を使う研修のパターン

新人研修でも外部から呼ぶと効果的

社員研修を自社の人材のみで完結させているという企業は少なくありませんが、外部から講師を招くことでより効果的に研修の成果を向上させることができます。自社の人材ではどうしても他の仕事と兼務しなければなりませんが、外部講師を招いた研修では、新人教育のスペシャリストが指導しますから、新人社員にありがちなミスや考え方の違いなどを正していくことができます。研修中には成果が出ているのかどうかを確認することもありますので、より高い効果を発揮できる新人研修を目指す場合には、外部から呼ぶのも良いでしょう。外部の人材ならば社員を客観的に第三者目線から評価してくれるので、その人材の長所と短所を具体的に把握することができます。

専門分野の研修に外部の講師を招く

研修の中でも幹部研修や新人研修は自社で行なえますが、専門的な分野の研修については、なかなか詳しい人材がいないのですすめることが困難というケースはあります。この場合には頼みたい分野に応じたプロの講師を招くことで、その分野の能力を高めていくことができます。経営の基盤に関わることであったり、研修をコンサルティングしてくれるのもプロの講師の特徴ですので、社員に伸ばしてもらいたい能力があるのならば、その道のプロに任せることが大切です。これから新たに始めようとしている事業や新規部署の立ち上げなどの際にも、外部から招いたプロの講師に研修をしてもらうことで、その業務のためのスキルなどを獲得してくことが可能です。